ポケモンGoとプレステVRは別ジャンル?今さら聞けないARとVRの違い

「仮想現実」系の話が盛り上がってますね。
でも、プレステはVRで、ポケモンGoはARゲーム。
2つは似ているようで、実は違うジャンルです。

VRとAR。
これからむっちゃ聞くであろう2つのワードは何が違うのか?
今のうちに区別をつけておきましょ!

sponsored

VRは別世界に飛んじゃう「仮想現実」

VRと聞いてイメージしたいのは、でっかいゴーグルをつけてる人。
ゴーグル越しに違う世界を見るのがVR(仮想現実)です。
狭い六畳間に寝ているのに視界にはリゾートが広がっている……、
完全な別世界にワープできるのがVRの特徴です。

そういうわけでVRはゲームと相性がいいですね。
オキュラスリフトやプレイステーションVRなど、続々とVRゲームが開発されてます。
これからのゲーム界に、間違いなくVRは食い込んできます。

ARは現実世界にプラスする「拡張現実」

一方、ARは現実にちょっとだけ非現実をプラスする「拡張現実」。
スマホのカメラ越しに見ると街にポケモンがいる!
ってやつですね。
ポケモンGoで一気に注目されました。
スマホの画面越しに覗くと、マックの前にピカチュウが!という具合に、
現実世界にポケモンが現れたかのように錯覚できます。

ARはその特性上、現実世界とリンクさせたサービスに強みがあります。
なので、単なるゲームを超えた活用が注目されてます。

実際ポケモンGoもそうですね。
ポケモンGoによって普段行かないお店に行ったりするなど、
ARは人の生活に変化を起こします。

ARとVRは違う方向で盛り上がる

というわけでまとめるとこんな感じ。

VR → 別世界にぶっ飛ぶ仮想現実 → 没入感のあるゲームで盛り上がる
AR → 非現実をプラスする拡張現実 → 現実とリンクするサービスで盛り上がる

VRとAR、どちらも今後盛り上がりますが、
けっこう違うジャンルだよってことがわかると思います。

この手の話をもっと知りたいなって方は、この本とか超オススメです。
こういった技術によって今後の世界がどうなっていくか、最前線のワクワクが詰まってますよ!

というわけでサイタマジン(@saitamazine)でした!