改めて、FREITAG(フライターグ)のバッグがスゴすぎる4つの理由

今更ですが、FREITAG(フライターグ)のバッグがスゴい。

フライターグとはスイスのカバンメーカー。
トロックの幌(ほろ)を再利用して作ったバッグが、
「こりゃ流行らないワケがないな!」ってっくらい時代に合いすぎてるのでご紹介。

sponsored

1,すべてが世界に一つだけのオリジナルデザイン

トラックの幌(ほろ)といえば、
トラック全体にかぶってバサバサしている部分。

スクリーンショット 2017-01-19 08.19.41

日本だとこの色が多い気がしますが、ヨーロッパだとカラフルなんですかね。
同じ幌でも切り出す部分で色が変わるので、全てのデザインが一点もの!
お店にはこんなにカラフルなバッグが並んでます。

スクリーンショット 2017-01-19 08.21.18

見てください。何百種類ものカラーリングから自分に合う色を探せます。
しかもそれは、絶対に他人とかぶりません。
世界に一つだけ、あなただけのオリジナルなデザインのバッグです。

2,幌だから丈夫!水も衝撃もへっちゃらでずっと使える!

写真から質感が伝わりますでしょうか。
フライターグのバッグは何より超丈夫です。
トラックの幌なので、水を弾く丈夫な布でできており、引っ張ってもびくともしません。

ブランドものといえば、すぐ壊れてしまうことも多いですが、
フライターグのバッグはとっても丈夫。
もし壊れてしまったとしても、修理サポートもかなり充実しているようです。

3,汚れが増えてもサマになるので気ままに使える!

ブランド物のバッグといえば、壊したくないのはもちろん、汚れもつけたくないですよね。
その分使うときは、細心の注意を払わなくてはいけません。
しかしフライターグのバッグならその心配はありません。
なぜなら最初から汚れているからです。

「幌を再利用したバッグ」だから、傷すらデザインの一部。
「よごしちゃったなぁ」と思うのは嫌ですが、「最初から汚れているデザイン」なら安心。

むしろ傷を増やせば増やすほどより世界に一つだけのバッグに!
後から傷をつけてもオシャレなので、フライターグのバッグは自由気ままに使うことができます。

4,使うだけで環境に優しい!

フライターグのバッグはエコにもなります。
処分するはずの幌を再利用して作っているので、資源を無駄にしていません。
「消費」をすることが「自分のため」だけでなく、「社会のため」になる。

そんなエコ意識だけで商品が売れる時代ではないですが、ないよりはあったほうが、買いたくなる。
買うだけで「環境にも貢献できる」、それがフライターグのバッグです。

フライターグのショップへ行こう!

というわけでいかがでしたでしょうか、フライターグのバッグ。

世界に一つのオリジナル
丈夫で長く使える
傷すらデザインになる
使うだけで環境に優しい

これでもか!というくらい今の時代に合っている。

直営店は渋谷にありますぜ!
埼玉からも行きやすいですね。

いろんなカラーのバッグを見ているだけでも楽しくなっちゃうので、ぜひ行ってみてください。

というわけでサイタマジン(@saitamazine)でした!

sponsored

シェアする

さぁフォローだ!!