家事はクリエイティブじゃないのでさっさと自動化すべき

奥さん、知ってましたか?
日本の主婦って海外と比べてむちゃくちゃ家事をしてるらしいですよ。

日本の主婦に求められる「家事・ライフ・バランス」P&G調査で

こちらのデータによると、日本の主婦の家事時間は1日平均4時間24分。
2位以下を圧倒的に引き離して第1位です。

これを見て「すごいなー!」と思った方、ちょっと待ってください。
「家事にかける時間」は多いことは大きな損失です。

なぜかというと、多くの家事は誰がやっても結果が変わらないからです。
たとえば食器洗い。
「お母さんが洗うからめっちゃキレイになる!!」
ということはまずありません。

食器洗いは、誰がやってもほとんど同じ結果が得られます。
だとすれば、人間が長い時間をかけて取り組む意味ってあるんでしょうか?
早く食洗機を導入して、その分の時間を浮かせましょう。
浮いた分は、人間としてやる意味があることに時間を使えます。

こんな風に家事のほとんどは人間がやる意味がありません。
自動化できるものは、どんどん自動化していきませんか?

sponsored

掃除、洗濯、食器洗いは全くクリエイティブじゃないので自動化しよう

自動化すべき家事は、誰がやっても大して結果が変わらない家事です。
たとえばこんな感じ。

食器洗い
洗濯
掃除

どれも人間の代わりに機械を導入することで、
時間を大幅に節約しつつ、同じ結果を得ることができます。

え、食洗機を導入するお金がないって?
導入すれば、その分の時間が浮くので、その時間でお金を稼いじゃいましょう。

今やパートに出なくても、ライティングやらアフィリエイトやらで在宅でお金を稼ぐことが簡単になりました。
食洗機は一度導入すればランニングコストはかからないので、一定期間を過ぎればひたすらお得になります。
水道代も節約になっちゃいますからね。

料理、育児は人間が時間をかける価値あり

逆に、料理やら育児は人間が時間をかける価値がありますよ。
たとえば料理。
時間を節約する手段として、お惣菜の購入や外食があります。

でも結局、人間が時間をかけて作るものよりクオリティやコスパは低いものになります。
ということは、料理は人間がやる意味のあるクリエイティブな家事だと言えます。

育児なんかもそうですね。
ただ最近は、日本でもベビーシッターが進化しているので、代替できることはだんだん多くなってきてますね。

パパの仕事も自動化できるんじゃ?

ちなみに日本の主婦は家事にむちゃくちゃ長い時間をかけますが、夫は家事をしないそうです。
こんなデータがあります。

日本は世界一「夫が家事をしない」国

この記事によると夫の家事分担率は18.3%。
これは海外に比べ著しく低い数値です。

日本の問題は「主婦の家事時間が長すぎること」だけではありません。
ここから見える問題は、「夫の労働時間が長すぎること」です。

というわけで、普段から家事に非協力的なビジネスマンの皆さん、実は無駄な仕事をしてませんか?
新しい技術や機械の導入で、いくらでも効率化できる仕事がありますよね?

人間がやるべできない仕事に時間を使っていませんか?
そのうちAIの導入が進むとそれらの仕事は全部なくなるので、今のうちに時間を使い方を変えましょう。

人間がやるべできない仕事は徹底的に効率化して、早めに家に帰ってみませんか?

みんなで家族の時間を楽しむことは、機械に代わってもらうことができません。

sponsored

シェアする

さぁフォローだ!!