「格差=不幸」じゃないでしょ。格差広がった方がみんな幸せになれるよ。

これからの未来、間違いなく格差は広がります。

はっきり言って、多くの人の仕事は必要なくなります。
でも、それで騒ぐのとかもうやめません?

だって、格差が広がった方が、
不幸になるどころか幸せに暮らせるようになりますよ。

説明しましょう。

今までの時代って、
100人を幸せにできる人

10人を幸せにできる人
の差
なんですよね。

でも今テクノロジーが発達して、
瞬時に多くの人にサービスが届くようになりました。
その結果、

今って、
10億人を幸せにできる人

10人しか幸せにできない人
が一緒の世界に住んでるんです。

そりゃあ、世の中のお金は一部の人に集中しますよね?
これって当たり前だと思うんですよ。

でも「10人しか幸せにできない人」、
心配する必要はないですよ。

そりゃお金は流れてこないかもしれません。

でも「10億人を幸せにできる人」が、
「皆がお金をかけずに楽しく暮らせる」ように、
世界をとんでもなく便利にしてくれてるんですよ。

たとえばいまどき電話料金払いますか?
LINEで無料で話せますよね。

車も家も買わないといけないですか?
カーシェアもシェアハウスも昔より遥かに簡単にできますよね。

実は、格差が進めば進むほど、
お金がなくても幸せに暮らせるような環境が整ってきてるんです。

「そんなはずはない」って?
「俺は幸せに暮らせてないぞ」って?

そうだとしたら、あなたの幸せを阻んでいるのは「古いプライド」か「無知」です。

「古いプライド」無駄なので捨てましょう。
こんな時代に「人と比べること」は時間の無駄です。
そもそもあなたが勝手に、
「固定回線もマイホームも車もないと幸せじゃない」
と思っているのは幻想です。

「みんなに頑張って働いてもらわないと困る」人たちに、
そう植えつけられてきただけですよ。
何が幸せかは自分で決めてください。

「無知」はけっこう問題です。
経済格差より、情報格差の方がでかいな、
と最近僕は考えています。
「こんな補助金がもらえるのに」、
「このサービスを使えばタダなのに」、
「知らない」だけで余計なお金を払わなくてはいけません。

だから、最低限のコストで幸せな生活を営めるように、
情報がしっかり提供される仕組みが必要ですよね、ほんと。

でも世の中は本当に便利で、
今までと比べたら遥かに低コストで楽しく暮らせるようになってきてますよ。

というわけでまとめると、

・格差は広がるが人は不幸にならない
・むしろ低コストで幸せに暮らせるようになる
・古いプライドは邪魔だから消そう
・ただし情報格差がひどいからそのあたり仕組みが必要

って感じです。
案外いい時代になってきてますよ。

悲観的にならずいい面も見ましょ!

sponsored

シェアする

さぁフォローだ!!

sponsored