古臭いジェンダーに染まったメンズ服に飽き飽きしてる!ファッションは時代の最先端なんじゃないの?

教育は男女平等になった。
女子は普通に大学行く。
男子も裁縫やって料理も学ぶ。

社会も男女平等になりつつある。
女子は普通に総合職で就職する。
徐々に管理職の割合も増えてきてる。

男らしい、女らしい、とか言うのは、
普通に時代錯誤になった。
そんなこと言ってる方が古い人間で、馬鹿にされるようになった。

なのに、
なのにだ。

服はどうなんだ。

まったく男女不平等じゃないか。
男らしさと女らしさに染まりきってるじゃないか。

冬のメンズ服の売り場を見てくれ。

暗い色多すぎだろ。

え、黒とか灰色とか茶色しかないよ?
喪に服してるの?よっぽど目立ちたくないの?

あ、やっと色見つけた、と思っても、
暗い青じゃねーか!!
色か、それ。
深海だよ。闇に溶けそうだよ。

一方でレディース売り場のなんと華やかなこと。
水色、赤、黄色、オレンジ、
この色着たいんだけど!ねぇ、と思っても、
サイズ違うし、何かボタンが左右違くて気持ち悪いし。

いったい何をやっているのか。

ファッションは時代の最先端を行くんじゃないのか。
オシャレな奴は、時代遅れの政治や社会を笑ってるんじゃないのか。

逆じゃん。
ファッションの方が時代に取り残されてるじゃん。
なんで、どうして、いつまで、男らしさと女らしさから抜けきれないの?
おっさんだよ、それ、おっさん。
古くてカビ臭い既存のジェンダーの色なんかにいつまで囚われてるの?
ファッション業界、全員おっさんじゃんもう。

というわけで僕はがんばって探しました。

暗い色しかないメンズの冬服のクズの中で、
光り輝く宝石の色を探し求めました。

渋谷!!!ない!!!!

新宿!!!ない!!!!

さいたま!!!あるわけない!!!

自由が丘!ない!代官山!ない!二子玉!ない!ない!ない!

ゾゾ!!!アマゾン!!!あ……あった!!!
やっと見つけた…。

というわけで新しいダッフルコート買いました、という話でした。

IMG_2947

もうホントにね、
水色のダッフルコートを着たくて着たくて、探し続けていたのです。

ようやく赤いのから乗り換えられる。

水色のコートを探すだけで、なんでこんな時間がかかるんだろう。
メンズ服、いつまで古臭いジェンダーに縛られたままなんだ。

早くおっさんから脱して、
世の中の当たり前に近づいてください。
お願いします。

明るい色が着たい男子だっているんだよ!
マジで!!

(俺以外ホントに誰もいないわけじゃないよね…?)

sponsored