就活の基本ルールってこれだよね

なんか就活って誤解されてること多くね?という気がするので、
就活の基本ルールをサクッとまとめてみました。

概念的な話だけど、
テクニックより重要だと思うよ!

というわけで、どうぞ。

sponsored

「こいつ利益を出せそうだな」と思わせたら勝ち

まず、大前提これです。
就活は「こいつ利益を出せそうだな」と思わせるゲームです。
これができれば勝ち、できなければ負けです。

逆に、ここにつながってないアピールは無意味なんです。
どんなサークルの部長やってようが、意識高い活動してようがどうでもいい。

そのための手段は「自分と企業のすり合わせ」

そしてそのための手段が「自分と企業のすり合わせ」。
珍しくて立派そうな経験なんてどうでもよくて、
ただ企業が気になっているのは「相性の良さ」です。

たとえば、なぜ志望動機を詳しく聞くのか?
その会社ならではの動機を持っていれば、
他社に行かず貢献してくれるからです。

これも逆に言えば、「相性」に関係ない「あなたの語り」は無意味です。
「あなたが素晴らしいと思うあなた」を話すのでなく、
「会社がすばらしいと思うあなた」を考える必要がありますね!

嘘をつくんじゃなく相手に合わせて自分を切り出す

だからといって、嘘は最高に無意味です。
嘘ついて入っても、その企業はあなたに向いてないからです。

「嘘をつく」んじゃなく「相手に合わせた自分を切り出す」。
そのためには、まず相手を分析する。
要は「企業研究って大事だよね」という話です。

会社がどんな文化でどんな人がどんな手段で利益を出しているのか。
そしてそこに貢献をするために、自分のどんな部分が相性抜群なのか。

就活で「自分語り」が効果を発揮するのはようやくそこからです。

まとめ

就活で、能力あるのに評価されていない人、自分が膨らんでいる人が多いのに疑問を持ったので、
個人的に就活についてまとめました。

要は相手に「利益を出せそう」と思ってもらうために「企業研究」と「相性」アピール。
そのためにどんな「自分」を見せるのか、という話。
自分が出てくるのは最後です。

この基本ルールがパフォーマンスレベルで実装できれば、
あとは「合う」「合わない」の話でしかないです。

自分に似合う会社を探すショッピング感覚になってきます。
それができれば、自分も企業も互いにハッピーな就活になってくるはず!

というわけでサイタマジン(@saitamazine)でした!
就活の悩みとかあれば、twitterでもリプください。

sponsored

シェアする

さぁフォローだ!!